って、どうよ?

興味本位主義。

野毛手形オワコン: 飲み野毛メシは手形を終わった方がいいと感じた

野毛 noge

野毛通手形という町おこし

野毛は横浜下町の飲食店街地域です。


NOGE ~Explore Yokohama a little deeper~

この街にはおおよそ500店舗飲食店があるらしい

 

野毛通手形は、野毛が閑散期だったころ始まった格安に飲食店を利用できるサービスです。始まったのは2008年。

(閑散期の理由は不景気やお役所さんが接待費を使うな!と粛清されていたとか)

 

閑散期と、この当時 東横線の桜木町駅廃駅の危機があったからだと。

野毛の街のひとは一丸となり、まちおこしとして広告宣伝費がわりにこの野毛通を始めました。

 

 

野毛通手形 トップページ|野毛の居酒屋、バーで利用できるおトクなチケットぬくもりの街、野毛。個性あふれるお店がズラリ!!

 

野毛を知ってもらいたいということで始まった

桜木町駅に訪れる観光客は、みな「みなとみらい」へ向かいます。

みなとみらいに向かって、レンガ倉庫経由で中華街。

そんな桜木町で降りる観光客を野毛に

 

野毛wを知ってもらいたい”野毛の広告”として始まったのが野毛通手形です。

 


野毛散策 柳通り・中央通り

 

野毛は柳通りと中央通りを中心に沢山の人であふれかえるようになりました。

 

私はこのあふれかえる人の功績について、野毛通手形がきっかけだけとは考えていません。

  • 野毛を訪れた人が、お店で接した暖かさを感じまた訪れたいと思った
  • アイラブヨコハマという団体が定期的に横浜野毛飲みツアーを行った

このふたつです。

 

野毛を知ってもたい。

野毛を知ったのは若い女性中心。

 

 

野毛通手形でおこった悲しいできごと

noge street yokohama japan

 

野毛通手形は2017年で9年目

私は野毛によく訪れます、この時期は主に野毛を知らない人を案内することが多いのです。

そこで悲しい出来事がおこりました。

8月14日です。

みなとみらいではポケモンの祭りがあり、横浜は観光客であふれかえっていました。

夏休み…

私たちにとっては月曜の平日です。

 

そこでいつもの通りに野毛手形を買ってお店を訪れたら

 

  • 忙しいから野毛通は今日利用できないよ
  • 今日は祭日だから野毛通はだめ(意味がわかりません、祭日ではない)
  • 野毛通、来ないで

Angry

 

驚きました。

野毛にかよって10年以上ですが、こんなに他人に冷たい野毛ははじめてです。

 

野毛通手形には注意書きがあります

  • 利用時間制限
  • 利用できる時間や曜日(週末NGとか…)

 

注意書きがあれば私たちは従います、街のルールですから

 

この日で4店から入店拒否をうけました

 

野毛大丈夫かな… 私は一見さんではありません、野毛通手形を使わない時の方が多く。それも理解いただいているはずなのに。

 

拒否した4店舗は全てチェーン店のような対応ですごく悲しく感じました。

 

 

野毛って観光地だから手形はもうやめて終わった方がいい

Stop!


そこで考えました。

野毛ってもう観光地だよね

 

観光地だから、野毛では野毛通手形がもう合わない、時代にそくしていないと感じました。

野毛は手形を使わなくても楽しめるし、格安で利用できます。

 

野毛通手形はやめたほうがいいと感じました。

 

実際、野毛通手形を1年でやめてしまうお店もあります。

お店側も本音はやりたくないのでしょう。

izakaya

 

 

地域活性の落とし穴に注意

 

Izakaya

今回感じたのが地域活性の落とし穴です。

地域活性は大切です。

しかし、地域活性も計画的にすすめるべきです。

今すすめている方法がその地域に合わない場合は改善する必要があります。

yokohama night walk

今回のこの入店拒否は、私たちだけにはやっていないはずです。

他の方、もしかしたら観光地にも

 

その方にとってはじめての野毛はとても残念な思い出になります。

 

マナーの悪い飲食店には二度とお客さまは戻ってきません。

残念ですが、現実です。

 

 

横浜の夜は野毛以外も楽しみめる

close to noge

私たちは結局 野毛をあきらめて他の街へ行きました。

横浜の夜は野毛以外でも楽しめます。

 

吉田町

野毛のお隣、野毛を関内側に歩いていくとでてくる通り。

個々には沢山のBARと飲食店あります、地味ですが若き経営者が街を盛り上げている新しい街です。

 

福富町

吉田町の横、コリアンタウンのような地域

ちょっとあぶない感じもありますが、オモニの笑顔に安心できる街です。

 

その奥にはタイ料理店が沢山ある地域も…

 

関内

2020年市庁舎移転が決まっているこの街。

たぶんこれから面白くなります、市庁舎移転で今までの街の機能は劣化するでしょう。

しかし新しい価値が誕生する街です。

 

 

 

野毛よ永遠に

 

愛する野毛へ厳しいコメントを書きましたが、それでも野毛が大好きです。

私は入店拒否されたお店にも顔だします。

たぶん「悪かったねあんときは〜」って言われると思います(笑)

また、野毛には野毛通手形に参加していない沢山の通い店もあるので、そこへは通います。

 

野毛は楽しい街です。

もう野毛通手形なんぞに頼らず、野毛らしく自立したパワーを見せつけてください!(懇願)

 

Shopping arcade

↑野毛と言ってよくでてくるここは 野毛ではなく都橋です、地元的には(笑)